相続人の範囲と遺産分割協議

名古屋で遺産相続トラブルを解決するための情報サイト

このページでは相続人の範囲と遺産分割協議について紹介しています。

相続人範囲は民法と被相続人の意思で決まる

相続人の範囲は民法によって定めれれています。被相続人を基準に、子、父母、祖父母など直系の祖先、兄弟姉妹が相続人の範囲として定められています。とてもシンプルに見えるかもしれませんが、家庭環境によっては非常に複雑になることがあります。

例えば、被相続人に離婚経験があり前妻との間に子がいた場合、養子がいる場合など、被相続人の家庭環境によって変わってきます。

さらに、相続人であるにも関わらず、被相続人が相続をさせたくないと遺言を残していた場合は相続廃除をする事も可能です。

いざ相続が発生したら、実は相続人だと名乗りを上げる人物が現れる可能性もあります。生前のうちに誰に相続の権利があるのかを、第3者である法律家に依頼して明確にしておくことが重要です。

遺産分割協議が相続の一般的な遺産分割方法

相続人の範囲がわかった時点で、速やかに遺産分割を行う必要があります。

被相続人が持っている財産を、各相続人に配分を行うのですが、方法として、遺言による分割、協議による分割、調停による分割、審判による分割の4種類があります。

一般的には遺産分割協議が一番多く行われる方法で、相続人全員の合意で分割する手続き方法です。協議が成立した場合、遺産分割協議書を作成するのが通例で、登記の名義変更などで使用する公的な書類となります。

遺産における法定相続分と特別受益とは

遺産全体における各相続人の取り分の割合のことを相続分といい、民法で定められている一定割合を法定相続分、遺言における指定割合を指定相続分といいます。日本では遺言を残す文化があまり無いため、法定相続分を相続する事が多いです。

また、相続がする以前に、被相続人から生前贈与や遺贈を受けている場合の利益を特別受益といい、その受益分を法定相続分の算定に考慮して通例となっています。

特別受益がある場合は、より遺産分割について複雑になってくる為、とても素人では計算ができなくなってきます。生前贈与を受ける時点で法律家に相談のうえ相続に向けた準備を行う事が良いでしょう。

遺産相続に強い相談所 in 名古屋