遺産相続手続きの流れ

名古屋で遺産相続トラブルを解決するための情報サイト

遺産相続を受けるために必要な手続きの流れをまとめました。

遺産相続手続のおもな流れ

■死亡届けを提出

被相続人が死亡した時点から遺産相続が開始されます。死亡を知った日から7日以内(国外で死亡した場合は3カ月以内)に、市区町村役場に死亡届を提出しなければなりません。

■遺言状の有無を確認

遺言状の種類が自筆証書遺言書または秘密証書遺言書だった場合は、家庭裁判所での検認が必要です。検認は遺言状の改ざんや偽造を防ぎ、相続を円滑にするための手続きです。遺言状の有効・無効を判断するものではありません。

■遺産相続人を確定させる

被相続人の家族構成を調べ、法定相続人(民法上で相続を受ける権利がある人)をきちんと確認します。また、遺言状に遺産相続についての記述がある場合、そちらが法定相続人の権利より優先されます。しかし、法定相続人が受け取ることのできる最低限の割り当ては、民法で保証されています。

■相続財産目録を作成

被相続人が所有していた預貯金や不動産など、財産に値するものを調べ、その金額や評価額を記載します。プラスの財産だけでなく、借金やローンなどのマイナスの財産もしっかり調べてください。書式は無いので、分かりやすくまとめましょう。

■遺産相続をする、しないの選択

相続の開始を知った日から3ヶ月以内に、以下の3つのいずれかを選択します。

・単純承認 遺産をすべて相続する(借金等の負債も含む)
・限定承認 被相続人の負債を被相続人の遺産で返済し、差額を相続する(財産より負債が多い場合、財産の取り分は無くなるが、それ以上の返済をしなくてよい)
・相続放棄 遺産の相続権を放棄する(負債も含む)

■準確定申告

被相続人が個人事業主であったり、不動産所得がある場合など、相続人が代わりに確定申告をします。1月1日から被相続人が死亡した日までの所得金額を、相続の開始を知った日の翌日から4ヶ月以内に申告してください。

■遺産分割協議をする

遺言状に遺産相続記述が無い場合、相続人全員で協議を行い、遺産の割り当てを決定します。全員の合意があれば、法的相続分に従う必要はありません。協議後には、のちのトラブルを避けるために遺産分割協議書を作成します。
うまく話がまとまらない場合は、家庭裁判所で分割調停を行いましょう。

■各種名義変更など

遺産の分配が決まったら、銀行預金などの名義変更をします。特に不動産の場合は、相続人名義に変更しないと、所有者証明ができず土地を売却できなかったり、放っておくと相続人が変更されるなどの問題が起こる可能性があります。

■相続税の申告と納付

相続人は、相続の開始を知った日の翌日から10ヶ月以内に税務署へ申告書を提出し、相続税を納付しなければなりません。

困ったことがあれば相談を

相続を受けるためには、しなければならないことが多く、相続人にはそれなりの負担がかかります。

遺産相続手続の中でも特に大変なのが、法定相続人の確定です。被相続人の戸籍謄本などを取得し、そこから家族構成を調べていくのは想像以上にむずかしい作業です。

その他にも、どう行っていいかわからない手続きがあったり、トラブルが起きるたりすることもあるでしょう。そんな時は、法律事務所や相続手続支援センターなどに相談を。不安なことは専門家に対処してもらうのが一番です。

遺産相続に強い相談所 in 名古屋