相続に関連する税金

名古屋で遺産相続トラブルを解決するための情報サイト

このページでは相続に関連する税金について紹介しています。

遺産相続に関連する相続税と贈与税とは

相続税と贈与税とはそれぞれを補完しあう遺産相続に関する税金です。

まず、相続税とは被相続人から相続人へと財産を相続した際に納付する税金のことです。相続人になっているものの、相続をしなかった場合は、相続税は発生しません。

財産を移行した相続人のみに財産評価額を元に算定した納税額を現金で一括納付をする必要があります。現金以外での納付は認められていないため、納付資金を事前に用意しておくようにしましょう。

もうひとつの贈与税は生前贈与をした際に発生する税金のこと。例えば保有株式名義を親から子へ受け取った場合、贈与税が発生しますので注意しましょう。

相続発生時にトラブルにならないためにも生前贈与をするケースがありますが、その場合も税金が発生するという点は留意しておきましょう。

贈与税の基本的な考え方としては、例えば、不動産の名義などを子や孫へのプレゼントとして変更した場合、贈与税が発生すると考えておくと良いでしょう。

相続税の課税対象財産は有形無形問いません

課税対象財産は不動産のような固定資産の他にも特許などの権利関係なども財産として含まれ課税対象となります。現金や不動産価値となると、資産価値は想像できますが、これが著作権や特許となると、なかなか資産価値というのは想像できません。

これらの課税対象財産を事前に調査、財産評価の算定は私たちのような素人ではできない範囲の為、弁護士などのプロの法律家に資産価値の算定を行い、適切な納税額を算出してもらうようにしましょう。

それこそが、最良の節税対策となり、申告漏れや追徴課税を発生させない秘訣です。

遺産相続に強い相談所 in 名古屋