遺産相続Q&A

遺産相続はまず遺言ありきで、遺言がなければ法律に基づく割合計算により公正に遺産を配分します。これも様々な場合があるため、分かりづらい点も多々あろうかと思います。よくある疑問点をQ&Aにまとめました。

遺産相続のために知っておきたい基礎知識Q&A

Q1:遺産はどのように分割され、相続されるのでしょう?

qaa.gif遺言がない場合、被相続人に配偶者がいるか否かがポイントになっています。まず、被相続人に配偶者がいる場合を見てみましょう。

  • 配偶者と子供がいる場合→配偶者と子供が2分の1ずつ相続
  • 被相続人に子供がおらず、配偶者と直系尊属(被相続人の両親など)がいる場合→配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1を相続
  • 被相続人に子供も両親もおらず、兄弟姉妹がいる場合→配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1を相続
  • 被相続人に子供も直系尊属も兄弟姉妹もいない場合→配偶者がすべて相続
  • 子供、直系尊属、兄弟姉妹が複数いる場合→それぞれ相続分を頭数で分割

一方、被相続人に配偶者がいない場合はどうか。考え方は同様で、子供、子供がいなければ直系尊属、子供も著系存続もいなければ兄弟姉妹という順で相続します。


Q2:夫婦の子供以外の子供がいた場合、相続はどうなりますか?

qaa.gif非嫡出子(法律上、婚姻関係に無い夫婦間に生まれた子供)は嫡出子の2分の1で計算されます。嫡出子がいない場合、非嫡出子の数で均等に分けられます。


Q3:相続人の子供や兄弟姉妹が亡くなり、その子供がいます。

qaa.gif孫がいる場合、子供が相続する分を孫の頭数で分割します。これを代襲相続といいます。例えば、亡くなった子供が2分の1の相続分を持っていて、亡くなった子供に3人の子供がいるという場合、2分の1を3人で分けるのですから6分の1となります。

代襲相続は兄弟姉妹にも適用されます。ただし、甥、姪の一代限り。そのまた子供、つまり孫の代になると関係も希薄になるため。


Q4:相続欠格とは?

qaa.gif民法891条に掲げる事項に抵触した場合、資格が喪失する。欠格事項は生命侵害行為と遺言への違法な干渉に大別される。

  • 故意に被相続人または相続について先順位もしくは同順位にある者を死亡するに至らせ、または至らせようとしたために刑に処せられた者(殺人、殺人未遂は該当し、傷害致死は該当しな
  • 被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、または告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別が無いとき、または殺害者が自己の配偶者もしくは直系血族であったときはこの限りでない。
  • 詐欺または脅迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取消し、または変更することを妨げた者
  • 詐欺または脅迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、または変更させた者
  • 相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、または隠匿した者

これは相続人に相続欠格や相続排除があった場合も同様です。代襲相続が適用され、相続権を失います。ただし、相続放棄は代襲相続が適用されません。


Q5:相続の排除については?

qaa.gifこれは被相続人の意思によって相続権を奪うルールで、生前排除と遺言排除があります。排除の対象は相続人となるであろう推定相続人。ただし、排除された者は相続欠格とは異なり、遺贈を受けることができます。


Q6:養子の子供の相続権はどうなりますか?

qaa.gifこの場合、養子縁組をした後に生まれた子供には相続権がありますが、目に生まれた子供は相続権がありません。もし、養子縁組前の子供にも相続させたい場合は遺言を残す必要があります。


Q7:これから生まれてくる子供にも相続権はあるのでしょうか?

qaa.gif民法886条の規定で、胎児は相続人になります。死産だった場合は相続しません。


Q8:子供は亡くなり、孫を養子にしてしまいました。相続割合は?

qaa.gif孫は養子としての相続分と代襲相続分の両方を相続します。つまり養子としての分3分の1、代襲分として3分の1、計3分の2の相続となります。


Q9:両親は既に亡くなり、姉夫婦に子供はいません。亡くなった姉の夫は婿養子なのですが、その兄弟である義兄は兄としての相続分と夫としての相続分を両方取得するのでしょうか?

qaa.gif夫、つまり配偶者としての相続分しか認められていません。


Q10:音信不通の父の財産を処分。ところが父は1ヶ月前に亡くなっていることが分かりました。この場合、相続を単純承認したことになるのでしょうか?

qaa.gif自分が相続人となったことを知ってから3ヶ月経過すれば、相続したものと解釈するのが原則。3ヶ月以内であっても相続したと解釈する判例がある。


Q11:生前贈与を受けた者の相続財産の分割はどうなるのでしょうか?

qaa.gif生前贈与など特別受益がある場合、被相続人に贈与されたものの価格を足した分を相続財産と考えて計算します。


Q12:寄与分がある場合の相続財産の分割はどうなるのでしょうか?

qaa.gif寄与分も特別受益の一つ。民法904条で規定されているもので、遺産分割協議によって決められるが、話がまとまらなければ家庭裁判所で審理、決着へ。

例えば、夫婦に子供二人の家族、被相続人が亡くなり、3,000万円の相続遺産がある。長男は生前、家業を手伝い寄与分が300万円、長女は生前贈与200万円がある。

この場合、みなし相続財産は2,900万円、妻は2分の1の1,450万円、長男と長女には4分の1ずつ725万円が配分されるが、長男は寄与分が加算され1,025万円、長女は200万円の生前贈与分があるため525万円という計算になる。


Q13:内縁の夫が亡くなり、相続してその持ち家に住み続けることは可能?

qaa.gif内縁の配偶者には相続権がありません。よって住み続けることができません。どうしても住みたいならば、亡くなる前に内縁の夫に遺言してもらう以外方途がありません。


Q14:夫と子供が一度に亡くなりました。相続はどうなるのでしょうか?

qaa.gif同時死亡の推定により、もともと存在しないものとみなされ相続が発生しません。


Q15:自筆証書と公正証書、遺言の違いとはなんですか?

qaa.gif遺産相続争いを防ぐために遺言を作ることは有効です。

遺言には自筆証書と公正証書の二種類あって、自筆証書遺言は偽造の危険が常について回り、公正証書遺言は公証役場の公証人の面前で作成されますので、効力という面で信頼性があります。よって、公正証書遺言をお勧めします。


Q16:父は生前、兄に財産を残すと遺言。私は一切相続できないのでしょうか?

qaa.gif兄に遺留分の減殺請求ができます。

遺留分は相続財産の2分の1、被相続人の直系尊属だけが相続人の場合は3分の1、兄弟姉妹にはありません。この場合、妻がまだ生存していると仮定すると妻に遺留分の2分の1、次男は4分の1を兄に対し主張できます。

遺産相続に強い相談所 in 名古屋