手続き、遺言書のトラブル

名古屋で遺産相続トラブルを解決するための情報サイト

このページでは遺産相続の手続き、遺言書についてのトラブルについて紹介しています。

手続きや遺言書にもトラブルの原因がある

自分が亡くなった場合、自分名義の銀行預金はどうなるかはご存知でしょうか?自分が亡くなった場合、自分が持っている財産はどのように配分されるか想像ができますか?

ここでは遺産相続時の手続きや、被相続人の最後の意思表示である遺言に関連するトラブルを紹介していきます。

家族でもおろせない被相続人の預金口座

原則、預金口座は名義人しかおろすことはできません。では、口座名義人が亡くなった場合はその預金はどのようになるのでしょうか?

一部の銀行では口座名義人の葬式代はおろせる場合もありますが、口座名義人が死亡したと銀行側が認識した時点で口座凍結されます。

口座凍結をされた場合は、遺産分割協議がまとまるまでは、支払い停止が継続され、万が一口座内に生活費等が含まれていた場合は、日々の生活に困ってしまいます。

一部の銀行では、相続人全員の印鑑、戸籍謄本、印鑑証明書があれば支払いに応じてくれる銀行もありますが、原則は遺産分割協議がまとまるまでは、口座凍結が続いてしまいます

口座凍結解除には以下の書類を用意して手続きを行わなければなりません。

  • 払い戻し請求書
  • 名義変更をする預金通帳
  • 被相続人の戸籍
  • 相続人の戸籍
  • 遺産分割協議書
  • 相続人の印鑑証明書

書類がすぐにそろえば良いのですが、遺産分割協議書はすぐに用意できるものではありません

そこで、遺産分割協議を迅速かつトラブルを起こさないためにも、遺言書が有効になってきますが、遺言書も適切に用意しなければトラブルの原因となってしまう可能性があります。

遺言書は被相続人の最後の意思表示

遺言書は被相続人が死後に遺産相続等に関して意思表示ができる物です。

遺言書が用意されている事によって、相続人間の無用な争いを避ける事ができ、スムーズな遺産分割協議を行うことができます。

何より相続では遺言書が一番優先される物であり、被相続人の最後の意思表示であるからです。

ただし、遺言書も時にはトラブルの元になってしまう可能性があります。遺言書は被相続人の単独の意思表示行為であって、相続人が強要するものではありません。とある相続人が強要した結果、その相続人が望む通りの遺言書ができた結果、他の相続人にとっては不利益をこうむる事があります。

そもそも、相続人が遺言書作成を強制する事は本来の目的に反する事で、他の相続人とのトラブルの元になってしまいます。被相続人が自分の意思で遺言書を用意する事が大事であり、相続人の意思を全面的に反映させるとトラブルの元になるので注意をしましょう。

遺言書の作成をしてくれる名古屋の事務所一覧≫≫

遺産相続に強い相談所 in 名古屋